サッカースパイクで人気のアシックス

サッカーは全世界でとても多くのファンを熱狂させる大人気のスポーツです。わが国では昔は野球に押されてその存在感はそれほど大きくなかったのですが、Jリーグの創設や何人ものスター選手の登場などをきっかけとしてその人気は高まって行き、現在では日本代表戦がテレビで放映されると非常に高い視聴率をたたき出すほどの人気を得るようになっています。そんなサッカーは観戦するだけでも楽しいのはもちろんなのですが、さらに進んで自分たちでチームを作ったりしてプレーすると、より大きな楽しさを味わうことができるものです。自分でサッカーをプレーする際に何が重要かと言えば、やはりサッカースパイクなどのシューズということになるでしょう。サッカースパイクは試合や練習の際に足が滑らないため、自分の思った通りのプレーをしやすいのですが、その反面価格が比較的高いというのも確かです。しかしどうせサッカーをプレーして楽しみたいのであれば、価格にはある程度目をつぶって品質の良いサッカースパイクを購入する方が、その楽しみがより大きくなると言えるのでおすすめです。
このようにサッカースパイクはサッカーをプレーするためにはとても大きな存在となるので、数多くのブランドから色々な商品が販売されています。そのブランドには海外で誕生したところも多いのですが、アシックスは日本で誕生して、さらに現在では日本だけではなく海外でも高い人気を得ているブランドとして有名です。このアシックスの歴史は鬼塚喜八郎という人物が、1949年に神戸で鬼塚商会を創業し、バスケットシューズの製造販売を開始したことから始まりました。鬼塚商会はその年のうちに鬼塚株式会社という形に変わり、全国のスポーツ選手や指導者から意見を聞いてシューズ作りに生かすという彼の情熱が実を結び、そう長い期間をかけずにスポーツ界で確固たる地位を築いていきます。創業以来バスケット以外のスポーツ用のシューズの製造販売を始めたり、オニツカ株式会社に社名を変更したり、海外へと販路を拡大したりと進化を続けたこの会社は、1977年には他のスポーツ用品メーカー二社と合併して、アシックスという社名となって現在へと至ります。サッカースパイクを始めとするアシックスのシューズの他のブランドとの大きな違いは、日本で生まれたので幅が広くて甲が高いという、日本人の足の形に合ったものになっているため、とても使いやすいという点を挙げることができます。