日本のサッカースパイク市場ではミズノが人気?

サッカースパイクに限らず、自分の足にフィットする靴を選ぶと言うのは結構難しいものです。人の足は、それぞれサイズが違うように、足のクセにもいろいろあります。注文品ではなく、既製品の場合は、メーカーが自社の持つデータをもとに多分こんな感じと言う感覚で作り上げていますので、大概の人には合いますが、中々合わないと言うケースもあります。特にサッカーは選手が多彩な技を繰り出すので、靴もその動きの一つ一つに対応しなければなりません。

例えば、ドリブルをしているとき、パスをするとき、シュートするとき、コーナーキックをするとき、つま先や、足の裏の動きは微妙に違います。この動きの差が、繰り出すボールの精度を左右します。ミズノがブランド品として注目されるのは、選手の動きを基にしてさまざまなデータを集積していることで、この豊富なデータをもとに同じサイズでもさまざまな動きに対応できるサッカースパイクを作り上げていることです。

サッカースパイクを手がけるメーカーは、世界中に散らばっていますが、ミズノ製品は、世界と言う舞台でも安定した人気を集めています。プロの世界で活躍する選手が、ゴールを決めたときに履いていた靴のメーカーはどこかと言ったデーターは公表されていないのでわかりませんが、こんなデータがあったら試合の見方が変わってくるかも知れません。ただ、大きな市場を持つメーカーほどその確率が高くなるというのは容易に想像できます。日本人選手は大雑把な外国人選手と違い、非常に繊細な感覚を持っているので、プロ選手の中には、ミズノのようなブランド品にこだわらず、個人でこつこつ靴を作っている職人にお願いして、自分だけのサッカースパイクを作っている選手もいます。サッカーではありませんがプロ野球ではアメリカで活躍中のイチロー選手が、毎年、スパイク、グローブ、バットを総て日本の専門職人にお願いしていると言う話は有名です。当然サッカー選手にも、そうしたこだわりを持つ選手がいるものと推察されますが、ミズノのサッカースパイクはそうした分野の域に到達することを目指しています。これからのサッカー中継では「ゴールしたのは〇〇選手、履いていた靴は〇〇〇」とメーカー名を公表したら、世界中のサッカースパイクメーカーが発奮し、サッカースパイクの製作レベル向上に貢献するでしょう。「ゴール世界ベストテン靴メーカー部門」なんていうのがあったら楽しいでしょうね。サッカースパイクの販売戦略は一気に変わると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA